「iOS 13.6」配信開始:iPhoneが車のキーになる

スマホ2

2020年7月16日にAppleは「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」の配信を開始しました。

 「iOS 13.6」への更新の目玉は、iPhoneが車の「デジタルキー」の代わりになるのと、内蔵ソフトの「ヘルスケア」アプリに新しい症状のカテゴリが追加されています。
 この時期の更新は、主にバグの修正がメインです。

 

車のデジタルキー

iPhoneが車の仮想キーとなるのと、どんどん出かける時iPhoneさえ持って出かければよい時代がやってきます。

 iPhoneをデジタルキーにするメリットは、持ち物を減らすという側面だけでなく、キーを簡単に家族などにコピーして渡せることです。
 さらに便利なのは、iCloudを経由して紛失したデバイスからデジタルキーを削除できてしまいます。

もしiPhoneと車も盗まれたとき、iCloud経由でキー情報を削除すると車のエンジンとか止まるのでしょうかね?

まず最初の対応は、BMWから対応するようです。

 モバイルSuicaでも疑問に思うことですが、iPhoneの電源が落ちたら使えなくなるのではと思ってしまいますよね!!
 これも安心で、予備電源で5時間はキーの開錠とエンジンの始動は可能です。

 

ヘルスケア

Appleの発表によると、「“周期記録”から記録された症状などの新しいカテゴリを“ヘルスケア”アプリに追加」「発熱、悪寒、のどの痛み、咳などの新しい症状を記録し、他社製アプリと共有する機能を追加」と書いてあります。

ヘルス1

上から7番目に「周期記録」その下に「症状」という欄があります。
 「周期記録」は、女性専用の機能で、月経の周期を記録しその間の体の変化などを記録できます。
 「症状」には「のどの痛み」「下痢」などの33の項目があり、症状の始まった時や強弱などが記録できるので、医師へ症状の説明の時にとても役立ちます。

 

まとめ

車のキーに関しては、直ぐすぐ使えるようにはならないのでしょうが、未来を想像させる機能ですよね。

 ヘルスケア―は、スマートウォッチなどと連動させるととても役立つソフトになっていきます。
 iPhoneの更新やメジャーアップデートは、未来を想像させてくれる夢を与えてくれますよね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました