早速電子書籍を購入してみました

スマホを見る女性2

昨日の記事を書いた後、早速電子書籍を購入しました。

初の電子書籍版で購入した本は、栗本薫著グイーン・サーガシリーズの第一巻「豹頭の仮面」を選びました。
グイーン・サーガシリーズは、1978年に刊行され全130巻という超大作です。
ただ残念ながら、2009年に作者の栗本薫さんがすい臓がんで亡くなり未完となっています。
作品自体は、五代ゆう・宵野ゆめさんたちにより執筆が続けられています。これは、外伝とかいう形ではなく、正編として書き続けられ現在147巻まで刊行されています。
私は130巻全編読んでいるのですが、作家さんが変わってからはまだ読んでいません。
これも読まないとは、とは思っているのですが、ちょっとためらっています。

電子書籍はサイトにより価格が違う

電子書籍は、一般の書籍と違い取り扱うところにより価格が違うようです

「豹頭の仮面」を、楽天koboで調べたところ440円という価格でした。

Amazonのkindleは、396円と少し安くなっています。
紀伊国屋書店の「キノッピー」もアップルの「Apple Book」も440円でした。
他の書籍に関して、Amazonと他の取り扱い業者との間で価格の違いがあるかは不明です。

iPhoneのAmazonのソフトで電子書籍が買えない!!

私は現在iPhoneを使っているのですが、iPhoneのAmazonのソフトからは、直接電子書籍は購入することが出来ません。
購入方法は、safariなどのブラウザーからAmazonのサイトに入りそこから購入する形になります。
iPhoneのソフトは、基本物を販売した場合Appleにその手数料として30%前後の課金が徴収されてしまいます。
Amazon側は、これを嫌いAppleのソフトからの電子書籍の販売をしていないようです。
またAppleの課金システムは、予め定められた金額のみにしか対応していなく、細かい値段設定のある電子書籍には向いていないようです。
このためAppleのiBooksは、大きなシェアを獲得できなくなっていると言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました